介護に快適な住環境をととのえる

安全な日常生活を送るために

本来くつろぐ場所であるはずの家の中にも、高齢者にとっては危険がいっぱい。まずは危険を取り除き、家庭内での事故を防ぐことが大切です。
ちょっとしたケガがもとで足腰が弱り、ケガそのものが治った後でもなかなか元通りの生活に戻れないことがあります。介護状態にならないように、また今以上に悪化させないために、住まいにも工夫が必要です。

自立した生活を維持する

年をとってくると、運動能力が低下し、それまでできていたことができなくなったり、自分でするのがおっくうになったりします。しかし、介護予防のためには「自分でできることは自分でする」が原則。高齢者が不便に思うところを改善し、使い勝手のよい環境をととのえることで、自立した生活を送ることができます。

介護しやすい住まい

高齢者本人はもちろん、もし介護状態になった場合に、介護する人にとってもやさしい住まいであることが必要です。
イリスだから出来る!介護にぴったり住宅リフォームへ
介護保険Q&A 介護保険(在宅介護)に関する質問にお答えします。
イリスの介護用住宅改修・リフォーム事例
スタッフブログ にじいろDiary おすすめ商品や新商品の情報が満載!
イリスのショールームに一度遊びに来てください!